トップ フォトブック制作 カレンダー制作 ビデオ制作 アクセスマップ お問い合わせ
あなたにとって大切な想い出は何ですか?
家族団らん、旅のひととき、それとも仕事に打ち込んだ日々、あるいは仲間とともに趣味やスポーツを楽しんだ時間でしょうか?
メモリースタジオは、あなたの想い出を語りつなぐスタジオです。あなたはここに来て、リラックスしてソファーに座るだけ。プロのインタビュアーが、あなたの想いを優しく引き出し、映像のチカラで将来世代へとつなげていきます。
メモリースタジオのある船場ビルディングは大正14年建築のオシャレトロな建物。エントランスからパティオに向かって歩くだけで、あなたをあの日に戻してくれます。

2014年1月 カレンダー製作を始まりました!詳しくコチラ

2013年3月21日 「孫との幸せ」フォト&ラブレターコンテスト応募作品ギャラリーオープンしました!詳しくコチラ

2013年1月1日 フォトブック券販売始まりました!詳しくコチラ

  • 井上 富貴子

    娘や孫にきちんと伝えることができました。

    <もっと聞く>


    略歴:

    元 婦人警官。3人姉妹の母。夫は早くに他界。

    制作のきっかけ:

    「娘や孫に自分の話を残したい」という思いで制作。

    ご家族の感想:

    「初めて聞くことが多くて驚きました。若いころの話や家族への想いに涙が出ました。」(長女) 

    ご本人の感想:

    「娘や孫にきちんと伝えることができました。映像として残るのでとてもよい記念になりました。」
  • 角谷 勝司

    父の涙を初めて見ました。

    <もっと聞く>


    略歴:

    株式会社 サンコー 創業者。1男1女の父。

    制作のきっかけ:

    会社の創業50年記念に創業者想いを残すため制作。式典にて社員や関係者200人に配布。

    ご家族の感想:

    「父の涙を初めて見ました。改めて創業者の言葉を映像に残してくれていることに感謝します」(長男/株式会社サンコー現社長)

    ご本人の感想:

    「生い立ちから創業、これまでを振り返るいい機会になりました。」
  • 井上 和世

    人生を振り返る、大変良い時間を持てました。

    <もっと聞く>


    略歴:

    音楽家。神戸・再度山 大龍寺に生まれる。

    制作のきっかけ:

    孫がまもなく生まれるので今の気持ちを記録しておきたくて制作。

    ご家族の感想:

    「母が孫をこんなに楽しみにしてくれているとは思いませんでした。お腹の子にもいつか見せたいと思います。」(長女) 

    ご本人の感想:

    「人生を振り返り、後世に残すことが出来る。大変良い時間を持てました。」
  • 新名 孝明

    終始笑顔で語り続けていました。

    <もっと聞く>


    略歴:

    元 眼科医院 院長。4男1女の父。

    制作のきっかけ:

    古希の祝いに息子たちから「メモリースタジオ」をプレゼントされ制作。

    ご家族の感想:

    「無口であまり笑うことのない父。渋々撮影に向かいましたが終始笑顔で語り続けていました。」(長男)

    ご本人の感想:

    「私の人生、まだまだ話し足りない。もう一度、お願いしようかと思っています。」